今、CMでも話題の超高速インターネット『NURO(ニューロ)光』

【世界最速】下り最大2Gbps、月額4743円(税別)

有名安心!使って超便利!用途はパスワード管理だけじゃない!
海外の為替取引業者などで記入する「送金報告フォーム」にも!

RoboForm: Learn more...
10件までの無料お試し可能・日本語完全対応!!
安全で管理のしやすい、ID・パスワード管理ツール『ロボフォーム』

インターネットは、実績、安定、安価、安心のインターリンクに!
MVNOサービスもIP固定!!速度制限無しのWiMAXもお任せ!!


固定IPも柔軟に対応、他社プロバイダでもIP割り当て可能!
オリジナルドメインのメールが無料で利用できるなど、サービス充実!

2008年09月01日

〜経済的独立への道〜チャンスタイムは今!

FXランキング

チャンスタイムは今!と思っているのは説明したし・・・

という事で、そういった近未来の計画的生活で安心した所で、参入するのは『FX』と『日経225』である。

『FX』は、今までに「チョットやってみようか」で、経験もある。
もちろん慣れている部分もあるので、基本的には振り回されていた。

デイトレードでは差額のみの取引だが、デイトレードでなければ、少なくとも銀行よりスワップ金利(利息)が良いから、とスワップ運用を始めた方は、すごい利息が付いている(1年チョットで36万超えた)。

これは、現在の預け入れ総額当初40万、現在までに全部で100万でNZドルを買い、途中で買い足し、現在10万ドルでの運用の経過。

ただ、対象のNZドルが仕掛けた時より相当円高になっていて、全部プラスマイナスするとマイナスというオチもある。
また元に戻ってくれればそれでいいし、もともと長期運用目当てだから良い事にしている。

但し、最近の円高傾向には少し警戒しているが・・・

ちなみに、本来はもっと余裕を持ってやるべきである。
突然何が起こるかわからない訳で、長期とは言えどもやはり許容範囲を決めて、本当なら損切りをしておくべきであったと思う。

もっとも、そういった事を平常に言える様になったのは最近の事で、始めた当時はロクに考えもせず「すげぇ金利が付くなぁ、銀行なんか預けておくのはバカらしいなぁ」と思っていた。
最初の頃は、割と短いスパンで決済して金利を得たが、その後ほったらかしにしていたら、いつの間にか戻りにくい程円高に(+_+)

とは言え、ロクなルールも知らない(作らない)で始めたにしてはポジションを保っているので、そのまま警戒しながら保留。
これも単価の割りに高いスワップ金利のおかげもある。

大暴落が無い事を祈って・・・このまま金利が勝手に貯まり続け、マイナス分を金利が越してくれるか、円安になって遥か彼方の仕掛けポジションを超えたら、一旦確定する予定。

・・・でも最近のアメリカが怪しいなぁ。日本もおかしいし・・・

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
※追記:9月中の、やっぱりアメリカの事件で、目を放した隙に全て
※お亡くなりになっておりました(強制決済なところが、超ド素人)。
※リクス管理や預け保証金に対する投資率をしっかり考えないと、
※物凄く痛い目にあいます。
三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)は、大丈夫なのか?
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

普通の株取引はもう5年程度の経験があるが、日経225については全くの素人である。
しかし、経験しなければずっと素人のままであるし、良い商材とも出会ったので、素直に始める事に決定。

で、いざその取引現場(板)を見て、まず物凄い速さの動きにぶっ飛んだ。
株なんかと全然違って、ダララララァ〜って約定しているのには、目が追いつかない。

言うまでも無く、暫くは目が点になっていた。

・・・まぁ、慌てないでやってみよっと。

その前に、教材と現場(取引の様子)をよく見ておかなきゃ、だな。

そうそう、この商材、名前が長くて

「決定版!日経225先物 必勝法 元証券ディーラーが手法を公開
100枚まで激安価格で販売します ソフト・サポート付き」
(^^;

っていうのだが、どうやら何かすごいらしい。

そもそも最初に候補に上がっていたドリームゲートという商材と、この
「決定版〜」
は、金額はほぼ五分五分、どちらも取り立てて悪い評判は見つけられないので、購入判断の材料に乏しい。

なにしろレターからの情報しか無い訳で・・・

ぶっちゃけて言うと、性能的な違いと言うか、セールスポイントとしている部分の違いが判断できなかったのだ。

それを、ドリームゲートを実運用して、連日レポートしている「株レモン」
さん
に無謀にも相談を持ちかけたところ、

『この商材は一人一人にサポートメールを送り、完全に自立できるようにするというすごい商材です。商品販売者の山○さんは、非常に信頼できる人です。』

と、お忙しい中直接コンタクトまでとり、返事でレポートをいただいた。
(その節は大変参考になりました。ありがとうございました。)

もし自分で今、メールで何かを聞くにしても、相当アホな内容の質問しかできないと思われ・・・というか、質問そのものができないっす。

本当は、両方とも2008年9月1日から始める予定であったが、FXは経験あるしで、2008年8月25日から、日経225は同年9月3日から始める事にした。

ちなみに、
日経255商材の「決定版〜」は、9月2日に購入予定としてます。。


このブログでは、今後取引の結果を自分の記録として、また同じようにやってみたい人への参考になればと思い、続けてみたいと思う。

失敗するかもしれないけど、せめて3ヶ月〜半年は続けられる事を祈りつつ、そこらへんを突破できた時には多分食って行ける状況ができたと言う事かな?と思ったりする。

許容時間内でどれだけ増やせるようになるか、最初はせめてなるべく減らさないようにする為の訓練となるだろう。

FXは「ロスカット」という機能があるので追証は無いが、日経225には失敗すると追証が発生する。
その代わり、FXはロスカットになると極端に資金は減る。

最初のうちは不慣れなので、FXの場合は資金が減っても耐えられる所まで挑戦したり、証券会社を変える予定もありで工夫するが、まだ細かいルールは未定。

耐えられなかった場合(素人の大ボケ判断の取引の結果)の事は、その時までまだルールは無いが、恐らく資金的にはきついので・・・、
どうなるんだろう?

但し、何かで資金追加の際もちゃんと記録はする。

それより、日経225先物の方はまだ良く解っていないので、もし間違って追証がかかった際には、通常の株取引の口座から一時借りる事にする。
(本当は入金して補うのだが、そこは茶目っ気で・・・)

それは、株取引の口座には余裕を持って入れてある事と、基本的な生活資金以外は、ほぼ『投資』にまわす為、それらが良く言う『余剰資金』という事で・・・

(余剰資金って、どんな定義なんだろうと・・・だって余程の金持ち以外は当面使わないつもりだけの貯金だったり、今は使わないってだけで普通の一般市民にとっては、どんな金でも余剰資金とは違う気がする
し。だから、せめて生活を圧迫や借金以外での、と言う事で解決しよう)

※ちなみに、株の取引は昔からの物で、特別な理由が無い限り(IPO抽選に挑戦や、仕手株情報入手、前から塩漬け状態のもの)遊びでしかやらない予定なので、記録は残さないし、計画にも入れない。

ちなみに、このブログの最初の3ページは、最初にページを表示した時に頭に表示されるように、日付をいじっているので・・・

まぁ、いいではないか(^^)

また、別件のSNSやMLMの報告もできるだけ適時公開したいと思っているので、物好きな方は応援してください。

以上、参考までに・・・。


FXランキング


トレイダーズFX休業
posted by ダンディー鷹山 at 03:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの意味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

〜経済的独立への道〜行き着いた結論

FXランキング

行き着いた結論としては、

1)情報商材は騙される事前提にし、利用できる物はそれなりに実行してみたりして、趣味の範囲に抑える。

2)必要なのは、現存の金融資産をいかに減らさず、できれば増やすかを考える。

3)最近はMLMの世界もだいぶ変化があるようで、目をそらさずに情報を掴む。

以上で、もし生計が立てられる状況になるのであれば、会社でペコペコしながら命令を聞くサラリーマンからは、少なくとも現状脱出できる。

自己責任とは言え、通うと言う時間の無駄やストレスから開放され、子供とも時間を共有でき、さらにうまくいけば今以上の暮らしも望めるのではないか、と思う。

1)に関しては、特に言うまでもないが、金はそんなに簡単には稼げない。

それをいかにも簡単そうに書いてあるレターや商材が多いが、騙されてはいけない。

即金だの錬金だのには手を出さない方がいい。
それなりにいいものや、あまりに頭にきて半暴露状態になってしまったサイトを作っているので、参考にされたし。

 ⇒ 
副収入っちゃおうか!?私生活を豊かに変える!

2)であるが、家族で話し合った結果として「蓄えがあるうちに、できる事をやってみよう」という結論に達した。

現在までも、『株取引』については趣味範囲でやっていたが、それもある程度本格化することにした。

また、『FX』も同様に趣味程度に行っていたが、これも本格化へ移行する事にした。

これらに加え、『日経225』を勉強しつつ、まだすぐに使う予定が無い貯金がある今のうちに、システム構築する事となった。

恐らく、よくいる普通の「保守派」と呼ばれる人には、無謀に思われるかもしれない。

しかし、現実として「お金」は無くてはまともには生きていけないのは周知の事実である。

偉そうな事を言って失敗したら、きっと腹を抱えて笑われるので、もっとも初歩的な考えに戻ったと表現しておこう。


例えば、2000円しかなくて、そのうち1000円を食べる為に使おうとしている。

でも、もし500円で買えて、1500円で売れる物がある事を知っていたとしよう。

それを実行すれば、1000円は今生きる為に食べても、残っている1000円でそれを2つ購入し1500円で売ってしまえば、翌日同じように1000円を食べてしまっても、手元に2000円残る。

先行投資による運用だ。


極端な例えだが、これが前向きに考えた考え方の基本部分。

基盤となる部分を押さえておけば、そのままならいずれ使ってしまうしかない、でも今すぐにはまだ使わない貯金等で資産を運用してみて、生計が立てられるかどうかを挑戦してみよう、と言う事になったのだ。

もっとも、無くなるかもしれないリスクがある分、一種の『ギャンブル』と思うかもしれない。

ところが、銀行や証券会社、保険会社というのはそれで運用している。

特に銀行はそれが主だ。


と言う事は、『投資』として考えれば、例えそれが『投機的』であっても、ちゃんと市場の流れやニュースなどに連動した、立派な仕事である。

これをハッキリ分けるのは、恐らくリスクの管理がされているかどうか、と完全なる職場のルールと、あとは経験、『慣れ』であろう。

これを本当に正当化できるようになった時、職業=資産運用(トレーダー)となれると思っている。

目指すは、そこであろう。

もちろん、その為に必要な出費は惜しまない。

システム化するにあたって、このブログでも紹介しているがFXのソフトや日経225の商材は、厳選して購入。

実は、参考にさせていただいている「株レモン」さんの情報で、それなりに評価のあるソフトもあるのだが、ご協力いただき調べていただいた結果、別の物にした。

「ローリスク・できればハイリターン」の為に、同時進行ができることが理想なので、上記ソフト等を組み合わせ、できる部分は自動化する。

うまくいくかどうかは、やってみなければわからない。

けれど、挑戦できる時間ができたので、やってみることにした。


という事で、もしもこの先職業を聞かれたりした時(特に子供に)、

『仕事は何してるかって??専業トレーダーだよ。』

を目指す事になった。



もし同じような事を考えてみようと思った方の為に、一応これが可能な状況(恥ずかしながら、ウチの状況)を説明しておこう。

2008年9月1日現在、会社の健保に入っている。

そして、休職していたので傷病手当をいただいている。

寛解」(かんかい)の状況にあるが、現在は重度の睡眠障害及び睡眠時無呼吸症候群の治療中であるがゆえに、まだ通常には出社は難しいと判断された。

そこへきて、知らなかったのだが会社の規定で、休職は半年までと決められていたらしい。

それを今まで一年近く、規定上では半年をとっくに過ぎているが、人事部長や、やっていた仕事を知っている人が「まぁまぁ」と無理やり伸ばしていてくれたらしい。

しかしそれも社内的に限界になり、しかもまだこんな状態では、確かに人事部長とは言えムリかなぁ〜とは思っていた。

会社的には「復職できるのかできないのか、グレーはもうムリ」という事で話し合いになった訳である。

少し矛盾があるが、本当は復職する予定だった。今まではむしろ好きな仕事であったし。

でも実状は、個人的にはそんなに環境が変わった上に、意味の解らない人間的にも馬の合わない支社長が、人を見下すような偉そうな事を言いまくるのは、何かイヤな感じである。

おまけに、原則社内職で構築・運用・管理が条件で入社したのに、今更


「まずは出勤先は本社ね。あと、外で稼いできてくれ。会社の命令だから、サラリーマンは黙って従え」


と言われ、挙句の果て

「営業が仕事見つけてくるまで社内待機。仕事は無いから、とりあえず来て帰るだけだけになるねぇ」

という窓際族状態が現実らしい・・・


あまり知られていないみたいであるが、寛解」(かんかい)の状況の職場復帰の条件は、まずそれが負担にならない場合、元の場所へ返すのが一番良いらしい。

本社なんて、通うのに手段も変わるし、時間も倍以上かかる。

そこへきて生殺し状態で、当初のうちは2〜3時間で帰る事でならし運転をする。

会社へ通うのだから交通費は出るけど、給料は2〜3時間の分だけね・・・って、おぃ、それでどうやって生活するんじゃい?

そんなのストレス溜まるし、傷病手当もらって休んでた方が全然いい。

っていうか、、寛解」(かんかい)の状況だってのに死ねって言うのか?

それに、タダでさえ社内のシステム構築法に腐るほど文句のある(^^;

自分にとっては、普通でも到底耐えられないと思っていた。

だから、その時点で「社員で残る選択は、もう無いな」と思っていた。

だが、あるバックグラウンドでの社内事情を知っている現状もあり、自分からは辞めないぞ、という意地もあったりしていた。


だが、実はこの後、本当はとりあえず復職する予定だった前日、不幸にも交通事故に遭ってしまった。


状況は追突、100:0で、相手が悪いのだが、そんな事より座っていても立っていても辛い。

おまけに、5分以上まともに歩けない状態になってしまった。

あと厄のタタリか?

前厄の時は、胃炎が悪化し、逆流性食道炎と十二指腸潰瘍になって運ばれちゃうし、本厄の時は、盲腸をこじらせ、限局性腹膜炎でひと月以上も入院になったし・・・

で、その後それらのストレスや矛盾した環境下での仕事、父親との確執らが原因で「仮面性うつ」になっちゃったわけで・・・


まぁ、それも割と良くなって、あとは自律神経系の調整と睡眠時無呼吸が改善されれば復職には支障はない状況だっただけに、とりあえずは一旦リハビリ的復職を果たして様子を見ようと思った矢先に、今度は事故でトドメ・・・

運が悪いのか?

個人的にはチョットしか悪い事はしていないつもりだけど・・・こんな目に遭っているのは、何かのメッセージだろうか、それともこれは本気で乗り越えるべき試練で、ある意味「最後の苦労」なのか?

いづれにしても、本社の人事部長たちに事情は話し、今後について話し合う事になった。


人事部長は話し合いの際に良かれと、いろいろ条件を探して準備していた(うまく丸め込まれたのかも知れないが・・・)。

退職した際、通院が継続なので、健保の任意継続を申請する。

任意継続は最大2年までで、傷病手当は1年半である。

残りはあと約半年程度ある。

もしここで国保に変えると、傷病手当の基準額が「去年の収入がほとんど無い」ので、すずめの涙程度しか出ない。が、保険料もまた安くなる。

あえて健保を任意継続すると、保険料は今までの倍払うわけだが、傷病手当の基準額がそのまま受け継がれるので、休職前の給料になる。

但し、厚生年金は国民年金化し、夫婦それぞれで払わなくてはならなくなる。

でも差額を考えると、任意継続をした方がかなりいい。

そこに、失業手当がそこそこ入ってくる。

手続きも、会社からお願いしたと言う事で、解雇ではないけど失業手当がすぐ入るようになる。

会社側は規則に従い、こっちは職歴に傷が付かない最善の方法ではないかと言う事だった。

現在の貯金額は3〜4ヶ月程度なら何もしなくて食って行ける程度。

でも、約半年は傷病手当と失業保険で、食って行ける。


なるほどね・・・と思いながら、今の状態では仕事に通う事なんて到底無理だし、素直に退職を受け入れてしまった。

行きたくないよぉ〜病は、家庭内ではさほど問題になっていなかったし、これらの話で「ナイスだね」となった訳だ。

(不思議な事に、退職をハッキリきめた途端に気持ちが一気に晴れた!)

だから、貯金している金のうち、一部をできる事にまわそう。

ということである。

参考にできる人は、うまくやってほしい。

続きは・・・
⇒『チャンスタイムは今!』へ


FXランキング


posted by ダンディー鷹山 at 02:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの意味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

〜経済的独立への道〜きっかけは・・・

FXランキング

2007年8月、いつもと変わりなく目が覚め、いつもと変わりなくトイレに向かう時だった。

「アレ?」

なぜか真っ直ぐに歩けず、そこいらじゅうにフラフラぶち当たる・・・

別に目が回っている訳ではない。ただフラフラしてまともに歩けないのだ。

一応会社を休み、様子を見る事にした。


・・・4日・・・最初よりは良くなったものの、一向に治る様子が無い。

ちなみに、この症状は、午後をいくらか過ぎると次第に良くなってくるが、寝て起きるとダメになる。

相談をしに、家庭医である近所の内科へ。

念の為血液や尿の検査と、普段から飲んでいる十二指腸潰瘍、慢性胃炎、安眠剤の薬の副作用を調べる。

・・・が、特に同症状は無い。

一番可能性の有りそうなところで、安眠剤を漢方に変え、一週間様子を見る事にする。


一週間・・・体調は余り思わしくない。眠気が年中ある。フラフラもする。

先生は、検査上では何も無かった事、漢方に変えての改善が見られないことから、薬による副作用と体における病っぽい点は無い、と判断。

念の為、神経内科へ行く事を薦められる。


紹介状を持って、指定の神経内科へ。

紹介状を元に、問診による状況判断とテストを行った。

結果は、「仮面性うつ病」・・うつ?俺が・・・?

しかもかなり重度だそうで。

話によると、それなりに楽しんでいるはずの仕事であったが、「自由に働かさせてもらっている」と「自分しかできる人がいない」という気持ちは、実は相対的な状況の同居で、それは矛盾の塊で、かなりストレスを体に蓄積している事。

また、父親との確執の本格化、今年3月ごろから虫垂炎(いわゆる盲腸)をこじらせ限局性腹膜炎を起こしてしまい、割りと長い入院生活と、後に引きずる痛みとの戦いで、本当は精神的にはかなりマイッていたらしい。

そこに、この楽天的な性格と、昔も緊急入院させられ主治医に叱られたほどの「ストレス?どういうのなんだろう?」という鈍感さと、当然「ストレスの解消で発散・・・ってどうなるの」状態のウトさが、体を痛めつけていたわけで、その危険信号が「突然歩けなくなる」と言う症状に出たもの、という診断であった。


あれから1年とちょい。

2月頃、一旦復職したものの、辛い状態がまだあり休職続行。

現在は医者から寛解」(かんかい)と診断され、気持ち的にもある一点を除き、割と前向き。

でもそれは、今後の生活への不安と、会社での立場としての不安など複合要素もあり、リハビリ的に進めば元の生活に戻るかな?という漠然としたもの。


会社側は、それ程冷たくなかった。

リハビリ的な通勤も認めてくれた。

もっとも上場も控え、下手な事もできないのが一番の大前提ではあろうが、とは言え、そこはありがたかった。

しかし、復帰条件は悲惨なもので、支社で行ってきた仕事は本社に吸収され、もう支社ではやることが無い。

おまけに、本社の現担当がガキのように「一緒には・・・」とコバンザメ食らわしてくれたらしい。(コバンザメ・・・コバム・・・拒む・・・くだらない(+_+)

確かに効率化や経費削減などのそういう事が、会社では関係ないところだけうるさいくせに、無駄ばかり。

今までいた所は設備を決めるのも、基本何から何まで自分の知識と経験で稟議し、通してきた経緯があるけど、持ち株会社に吸収合併で、本社だったのがカンパニー化した事で事情は大きく変わってしまった。

そうなると、当然本社も同じように仕事をするわけで、自分の立場の詳しい人材はいないので、主張を通すようになる。

だが、とりあえず新本社ではシステム部門に人がついた。まるで一般人のかじりたての趣味程度の知識しか持たない人・・・

で、その人が自分の立場がやばいと思ったのか、ダダをこねたわけだが、当の人事部は知らなかったらしいけど、その部門に人数は充分という事になったらしい。

おかげで、復帰時のリハビリ状態なのに、遠い本社へ通った上に知らない人に囲まれて、しかも仕事は無くて、最初のうちは2〜3時間で帰るという、リストラ寸前の窓際族状態のうえ、給料も2時間分(!)だという。

これでは、いくらなんでも普通でも気持ちが持たない状況ではないか。

本当は、このような状況の際は、基本元の場所に戻すなど、著しい環境の変化の元にいきなり置かないようにするのが大前提であるらしいし、自分もそれを望んだ。

が、支社(旧本社)には、管理者がもういないから・・・と拒否された。

更に、自分のウマが合わず昔から嫌いな、現在の支社の社長の表現や言い方は、相変わらず「自分は全てが正しい」的な頭ごなしな、理屈として通らない事を当然の理由として押し付けてくるがゆえに、正直この時点で会社には行きたくなくなった。

そこから2ヶ月、復帰の話を「追い詰められて、困った」とし、一時白紙にした。

後で聞いたが、会社の話のわかる人事の方が先生に話を聞きに行ったとの事。

やはり、寛解」(かんかい)の状態である事は告げられ、いきなりの別環境は避けるように言われたらしい。



そんなこんなで、会社への復帰自体が既にストレス化している事が後で解るのだが、元々自営で業務委託の契約を仕事として受けており、現在の会社へは、その業務の終了時に「会社を何とかしてくれ」という事で、社員として迎えられた。

言い忘れたが、自分の主な仕事は「ネットワーク管理者」。

コンピュータネットワークの設計・施工・サーバの選定・組み付け・管理・運用など、インターネット側に関すれば一通りできる。

会社での仕事も、ネットワーク系の依頼で業務委託を受けていて、そこで拾われた。

だから、自宅にも当然インターネットサーバが24時間365日動き、ドメインも4つ運用し、友人のホームページを置き、メールなんて使い放題である。

事業アイデアもあったが、プログラムから離れて15年なので、システム化できずに、実現できないでいる。

そして、夢は「海岸沿いのホノボノのんびり喫茶店」のマスターである。

しかも儲からなくて良い。基盤にインターネットなどでの収入源が地盤となっている、という条件があるので。

話はそれたが、そんなこんなでインターネットの世界にはドップリ浸かっているので、今年初め頃から情報を探り始めた。

そして、どれもこれもアホらしいノウハウともいえない物や詐欺的商材ばかりを買っては後悔していた。

おかげで、最近は見る目も変わって、よほどレターがうまいもの以外は、騙されなくなってきた。


まぁ、授業料は相当高かったが・・・。


続きは・・・⇒『行き着いた結論』へ

FXランキング


posted by ダンディー鷹山 at 01:00 | Comment(1) | TrackBack(0) | このブログの意味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
1クリック、よろしくお願いします。
人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ


DVDをバックで自動的に解析するAnyDVD、AnyDVDとセットで最強のDVDバックアップの定番CloneDVDとCloneDVD mobile
AnyDVD、CloneDVD、CloneCD、Game Jackal Pro
超有名CDバックアップの元祖CloneCD、PCゲーマー究極ツール「Game Jackal Pro」

最大2カ月無料お試し!プロバイダは固定IPのインターリンク
↓あなたの1クリック、よろしくお願いします↓
FXランキング
FX
FX
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。